狭き門を渡る方法|大人気の声優になるには

レディ

レベルに応じたクラス分け

ピアノ

目的に合わせて選ぶ

ピアノ教室は大きく分けると、楽器店などが経営母体の音楽教室やカルチャー教室のような大手の教室と個人の先生が自宅や貸会場などを利用して指導をする個人教室に分かれます。大手のピアノ教室の場合は、クラスが細かく分かれていることが多いです。大手のピアノ教室に入学すると、グループレッスンか個人レッスンを選ぶこととなります。グループレッスンの場合は、年齢別でクラス編成がなされていることが多く、その年齢に合った音楽へのアプローチが行われます。例えば、幼児クラスであれば、いきなりピアノの鍵盤に触るというよりは、音に親しむことに重きを置かれたレッスンになります。リズムを取ったり、身体も使って音楽に触れるリトミックにも重点が置かれます。大手のピアノ教室で個人指導のクラスを選んだ場合は、決められた教則本の流れに従ってレッスンが進められていきます。大手のピアノ教室では、年に1度程度、グレードテストを受験するのが一般的な流れで、グレードテストに合格すると上のクラスに上がることになります。ピアノを本格的に学びたいプロを目指したい生徒は、音大や音高進学コースなどを選ぶこともできます。個人の教室ではマンツーマンレッスンが基本ですので、明確なコース分けなどはされていないことが多く、生徒のレベルに合った指導がなされます。音大や音高を目指したりコンクールを目指す場合は、通常とは別料金で指導回数も多くなり、指導時間も長くなる傾向にあります。